残業代請求のオタク
2018年1月14日

管理監督者でも残業代の請求は不可能ではありません

労働基準法で定められているように管理監督者として仕事をしている方のケースでは残業代は請求できない法律になります。

一般的にはそれなりの報酬を貰っていることになり、その分で賄うことを可能にしていることを挙げられます。管理者の場合では休日や休暇などを自己都合によって自由に取得することができ、尚且つ勤務時間に関しても法的に縛られないことが通常です。自由に勤務する代わりに与えられた職務に関しては全うすることが必要とされている貴重な人材になります。

ところが管理監督者であっても残業代を請求することができる事例が多数報告されており、実際に裁判でも勝ち取っている事例も存在しています。このケースに関してはいわゆる名ばかり管理監督者を例にすることができ、管理者でありながら実際には会社に時間や休日についても拘束されており、仕事内容に関しても指示を受けて仕事をしている方が数多く存在しています。

このような事例の場合ではいくら管理監督者という肩書で仕事をしていても、本人の裁量によって仕事をしていると判断することができないので、残業代を請求することができる場合が多々あります。通常よりも時間を多く働いていて、得ている手当てと比較しても長大な時間を残業している方のケースでは問題なく残業代を請求できるので所定の方法で会社側と折衝することが肝心です。

本人だけでは上手く残業代を請求することができない場合では、専門にしている弁護士などが存在しているので、得意分野としている弁護士に相談してみると思いの他に簡単に未払い分を計算して収入として得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です