残業代請求のオタク
2017年12月12日

未払い残業代を穏便に解決するためには弁護士に

ボーナスやお給料、そして残業代の未払いに悩む会社員が増えてきました。

本来そういった労働の対価は速やかに支払われるべきものです。しかし、会社側の管理がいい加減であったり、意図的に振込を遅らせる等、最近は労働者の権利がないがしろになりつつあります。身近な上司や同僚、そして部下なども全員未払い残業代を抱えていると、自分ひとりだけが請求するのは気が引けるものです。

しかし、未払い残業代を請求する事は何もおかしい事ではありません。それこそ未払い残業代を抱える人々と団結して、会社側に催促しなければ、なかなか振り込まれないのが実態です。未払い残業代の相談は弁護士事務所にしましょう。

労働問題について、精通した弁護士に相談をすれば、未払い残業代の請求を依頼出来ます。本来であれば穏便に済ませたいのが労働者の本音ですが、あまりにもボーナスや残業代の未払いが続いているようであれば、残念ではありますが法的な手段を検討しなければいけません。

本当に訴訟する必要は薄く、いわゆる弁護士に相談し、弁護士が法的な形でブラフをかける事で、穏便に会社側に未払い分のお金を自主的に支払わせるというのが平和的な解決法です。弁護士に相談したからといって、会社側と全面対決になる事はなく、むしろ事を荒立てないためにも早期に法律事務所に相談し、穏便な形で労働者の意見を会社側に伝える事が大事です。

労働者の切実な気持ちを聞いてくれる法律事務所に相談をすれば、迅速な対応が望めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です