残業代請求のオタク
2017年11月12日

残業と代年俸制について

年俸制の場合は残業代は関係ないと思っている人がいるかもしれません。これはどうやら、年俸で給料が決まっているような人は管理職が多く、管理職には残業代が発生しないために、両者を結び付けて年俸制では残業代は関係ないと思っている人が多いようです。

確かに管理職は残業をしてもその分の給料は支払われないのが普通です。ただ、これも厳密に言えば必ずしも適切とは言えない場合もあります。本来は、管理監督の仕事をしている人には残業は関係ないということなのですが、管理監督の仕事をしているとはいえないような管理職の人も多いのが実情だからです。

このように、年俸制の管理職であっても本来は残業代が支払われるべきケースもあるくらいですから、管理職ではない人の場合は、年俸で給料が支払われている人であっても、残業すればその分の給料は支払われて当然です。

一年間の給料総額として決まっているのだからどれだけ残業をしても給料は変わらないとか、予め決められた目標の対価としての年俸なのだから、その目標を達成するまでは何時間残業しようが個人の仕事の進め方の問題で、給料は変わらないなどというのは通用しません。

年俸制であろうが何であろうが仕事は1日8時間、1週間に40時間で行うのが基本であり、それを越えて仕事をするのはあくまで例外です。そしてその残業については残業代が支払われて当然なのです。それが支給されないような会社はブラック企業です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です